半歩踏み込むアニメ批評!

なぜ、そのアニメは「面白い」のか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『新世界より』第一話「若葉の季節」の感想・批評・レビュー・考察

視聴アニメ一覧

『新世界より』第一話「若葉の季節」の感想・批評・レビュー・考察
※ネタバレはありません。内容はアニメで発信された情報の範囲内です。

原作:貴志祐介
監督:石浜真史
シリーズ構成:十川誠志
キャラクターデザイン:久保田誓
音楽:小森茂生
アニメーション制作:A-1 Pictures
放送期間:2012年10月 -


第一話「若葉の季節」


2012年10月の新番組。
久々にヘビーなアニメが登場しました。
第一話は、魅力的な伏線がこれでもかと張り巡らされた回になります。

1000年後の未来、念力、幼馴染みの仲間まではいいものの、
閉鎖的な村社会、陰惨な秘密の匂い、と、ドヴォルザーク「家路」が重くのしかかります。
いつも暗い画面、しばしばその中に子ども達を小さく捉える構図がこの印象を与えているのでしょう。
スクリーンショット 2012-10-05 23.18.03

mioroshi


原作は、第4回ホラー小説大賞『黒い家』の作者貴志祐介。

何となく、閉鎖された人間関係とそこに潜む陰惨な秘密、
というのは『ひぐらしのなく頃に』を思い出します。
むしろ、『リング』の雰囲気といってもいいかもしれません。


さて、せっかくですので、
散らかされた玩具を拾うかの如く、
謎をまとめておきたいと思います。


1. キーワード
 ミノシロ、ネコダマシ(不浄猫)、八丁標、祝霊、和貴園、全人学級、呪力、業魔と悪鬼、教育委員会、みそぎ

2. 子どもの頃のシーンで、早季たちと一緒に遊んでいる子どもは誰なのか。
 瞬と覚、そして真理亜は名前が出て来るが、明らかに他に女児と男児が一人ずつ登場している。
スクリーンショット 2012-10-05 23.19.22
 女児は、麗子にように思われる。
 名前が出て来ないことと、早季との再会シーンで「よろしく」という台詞が引っかかって確定できない。
スクリーンショット 2012-10-05 23.25.33

 とにもかくにも、名前の分からない彼(ら)は、なぜ全人学級で再会していないのか。
 早季が全人学級に来るのが遅かったと言われたとき、
 「は、ビリ?何言ってるの?あたしの他にもまだ何人もいたよ。」と答えている。

3. 子どもを八丁標の外に出さないよう、学校の授業に取り入れる程、配慮している。
 外に何があるのか。
akki


4. 呪力を授かる子どもとそうでない子どもがいるらしい。
 それは、祝霊が来るかどうかで判別される。
 そして、呪力は、今日の日本でいうところの知力に相当するようだ。
 それによって、ヒエラルキーができており、一定以下であると、
 麗子のように、舞台になっていた世界からは失われる。
 いったい呪力によってどうなる社会なのか。
 早季の両親が知っていること、早季以外の瞬や真理亜が知っていることは何なのか。

 関連して、常にいい人の役所の瞬であるが、早季が転入してきたときには「遅かったね」とコメントする。
 そんなことを言ったら、呪力絶対のこの世界では傷つくことが明白であるのに、
 なぜ、このシーンでは、瞬がこんな台詞を放ったのか。
スクリーンショット 2012-10-05 23.27.24

5. 早季が全人学級を妙法農業に似てると言ったのは何なのか。

6. 人間が極端に少ない印象を植え付けている。
 最初に現代と似たようなシーンで念力虐殺のような映像が出て来るが、
 そのときはそれなりに人間が映っていた。
 しかし、本編に入ると極端に人間が減る。世界はどうなっているのか。
街中


とりあえず、第一話は興味深いので、第二話も期待。


//以下、アマゾン
  
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」


貴志祐介の作品/勝手にランキング
      

     


スポンサーサイト
  1. 2012/10/04(木) 23:45:19|
  2. 新世界より
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『新世界より』台詞集 第ニ話「消えゆく子ら」 | ホーム | 『新世界より』台詞集 第一話「若葉の季節」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aufnirwana.blog27.fc2.com/tb.php/91-3fc2da72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。