半歩踏み込むアニメ批評!

なぜ、そのアニメは「面白い」のか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ヨスガノソラ』の感想・批評・レビュー・考察

視聴アニメ一覧

『ヨスガノソラ』の感想・批評・レビュー・考察
原作:Sphere
キャラクター原案:橋本タカシ、鈴平ひろ
監督:高橋丈夫
シリーズ構成:荒川稔久
キャラクターデザイン:神本兼利
放送期間:2010年10月4日 - 12月20日



もともと18禁のエロゲーが原作のアニメ。
今日ではそんな出自は珍しくも何ともない。

だがしかし、ヨスガノソラは注目せねばならん!

というのも、「エロ」を地で行く作品だと思ったからである。
つまり、「面白いから見てね!」ではなく、「エロいから見てね!」と主張しているアニメなのである。
たしかに面白くはないが、エロの力を知るのに、よい作品であると思われる。


■エロと面白さ

エロさへの期待が刺激されるがゆえに、先が気になる。
それがエロの力である。

ヨスガノソラではエロが序盤で出てくる。
かずは

それによって、以降、「そろそろまたエロい表現が出てくるんじゃないか」、
というエロにドライブされた期待感、ワクワク感が生じる。


ただし、わたしはこの感覚を「面白い」とは呼ばない。
主に性欲を充たすが故に生じる快い感覚は、「面白い」から排除するようにしている。
もちろん、エロをバカにしているわけではない。

ごくごく常識的な話だ。
わたしたちの言葉の使い方として、
「エロい」と「面白い」がまったくといっていいほど重ならないから、
分けているだけである。



性欲は非常に強い欲求であるし、本能的に繰り返し生じるものであるから、
「面白さ」とは、満足の仕方も飽き方も全然違う。
つまり、不幸なことに、面白くなくても、性欲を充たすコンテンツができてしまうということである。
「空腹は最高のスパイス」と同様だ。


例えば、『織田信奈の野望』と『戦国コレクション』は、
ともに戦国時代の武将が女性だったらという設定になっている。
が、すでに三国志の武将を女性にした『恋姫†無双』、『一騎当千』、『呂布子ちゃん』があるがゆえに、
もう飽きたと言われることがよくある。

ただ、男性が重視するポイントが、女性化した武将という点よりも、
女性キャラクターのエロティックさという点であるならば、
『織田信奈の野望』でもいいのだろう。
oda.jpg


なお、エロさも面白さも兼ね備えた作品には、谷崎『痴人の愛』を挙げたい。


■エロの扱われ方
そして、エロは使いどころが非常に難しい。

エロの刺激に身を委ねることは、一人のときか、一定以上に親しい相手といるときしか許されない。
少なくとも、現代の日本の文化ではそうなっている。

したがって、アニメで放送する場合も、
視聴者の状況をよく考えてエロを配置せねばならない。


エロは、普段、隠されているが故に、逆に目立つのだ。


それだけに、強力に引きつける力があることは間違いない。


では、ヨスガノソラは、どのようにエロの力を行使してているのか。


■直接的な描写
本作に限らず、近頃では、エロゲー原作のテレビアニメがしばしば登場する。
しかしそれらは、多少エロさを残したとしても、
セックスシーンのカットが暗黙の了解、というような雰囲気がある。
ところが本作は、空気が読めないかの如く、それを無視している。


この分類で言うと、レベル6だ。

lv. 0 エロなし
lv. 1 台詞や雰囲気で匂わせる
lv. 2 パンチラ
lv. 3 胸チラ
lv. 4 乳首出し or セックスの暗示
lv. 5 セックスの描写
lv. 6 アブノーマル

アブノーマルである部分は、まず双子の妹との近親相姦、
その他、小学生時に主人公がレイプされること、
セックスシーンがしばしば目撃されていること、などである。
yorihime


■頻度
さて、さらに付け加えて、本作で特徴的なのが構成である。
多くのアニメが、特定の相手とのルートをもとに一つのエピソードを展開する。
そして、クライマックスで性的なシーンが登場、というのが典型的なパターンである。

しかし、本作は、パラレルワールドとして、
主人公と性的関係を結ぶ相手が複数になっており、それぞれとの性的シーンが展開される。

この構成によって、それぞれのエピソードでセックスシーンが登場することになった。


クライマックスは、双子の妹、穹とのエピソードになるのだろうが、
ここまで頻繁に性的なシーンを登場させる構成のアニメが放送されるのは極めて珍しい。
sora



このようにヨスガノソラは、
テレビのアニメとしては頻繁に、
そして、強くエロティックな内容を流していた。

残念ながら、エロスのクオリティについては、語ることができないが、
エロによって、関心を引きつける希有な作品であった。


ヨスガノソラ 通常版
「ヨスガノソラ」サウンドトラック

ヨスガノソラ OFFICIAL CHARACTERBOOK

スポンサーサイト
  1. 2012/09/26(水) 22:29:06|
  2. アニメについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『織田信奈の野望』の感想・批評・レビュー・考察 | ホーム | 『ココロコネクト』第十ニ話の感想・批評・レビュー・考察>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aufnirwana.blog27.fc2.com/tb.php/86-79b26b04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。