半歩踏み込むアニメ批評!

なぜ、そのアニメは「面白い」のか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ココロコネクト』第四話の感想・批評・レビュー・考察

視聴アニメ一覧

『ココロコネクト』第四話の感想・批評・レビュー・考察
http://p.tl/fPgT
原作:庵田定夏
監督:大沼心
キャラクターデザイン:赤井俊文
シリーズ構成:志茂文彦
音楽:三澤康広
放送期間:2012年7月 -

第四話「二つの想い」


今回のお話:
・主役は、姫子。
 信頼していないことへの罪悪感について。
・そして、陰の主役は太一と伊織。


今回は、シャープなストーリー展開だった。
終始、姫子を軸に話が進み、
変に秘密をちらつかせることもなかった。

というよりも、
この『ココロコネクト』の心と身体の入れ替わりでは秘密を暴露しなければならない。

秘密を暴露すれば、
それによる一体感、高揚感みたいなものが発生。
それを疑似体験できる。
それが面白さの要因になっている。


■姫子の不信
これはもはやルーティーン作業だ。
唯の男性恐怖症、伊織のキャラ作りからの自分探し、姫子の人間不信。

とりあえず、わかりやすい、表面的なお悩みをまずはどうぞ、って感じ。
アペリティフとでもいうのでしょうか。

これからが勝負ですわね。


さて、姫子の不信感だが、これは、ぶっちゃけ大したことがない。
スクリーンショット 2012-08-11 12.34.46

外から見ればだが。

というのも、
ただの知識の当てはめに過ぎないからだ。

小説を読めば、映画を見れば、新聞を読めば、
とても犯罪なんてしそうにもない人も、いろいろあって犯罪とか、それ以上のことをやってのける。
そういう知識が入っていれば、
可能性としてはごくごく低いと思いながら、
「伊織が、わたしの身体になってるとき、おっさんにからだ触らせて、小銭でも稼いでんじゃないのか?」
という行動パターンを脳裏に描いて当然だ。

というよりも、人間の危険予測は、本能的なものであり、
いろいろなパターンを予測せずにはいられないだろう。
これはコーラを飲めばおくびが出るくらい確実なことだ。

それは、悪いことでも何でもない。
行動のバリエーションを展開しただけで、
何も実際にそれをするだろう、とまで確信していない。

姫子は心配で夜も眠れないと言っているのだから、不安ではあるだろう。
しかし、それは可能性一般に対する不安である。
個別具体的に、伊織が「姫子のからだをおっさんに触らせる権」を売っている可能性は、
おっさんに触らせない可能性と比べ、低いと考えているだろう。

だから、伊織の「心配性」という指摘は適切である。
個別具体的な行動の比較は、姫子は5人の誰よりも適切にやってのけるだろう。
したがって、具体的な犯罪の可能性を恐れている訳ではないのだ。
それら可能性一般に対する不安感の感じ方が、
他4人よりも重い、ということなのだ。

そこのところがわかれば、自分に嫌悪感を抱く必要はなくなる。

とにもかくにも、
たいていの人が疑ってしまう自分に嫌悪、みたいな経験はあるから、
フックにはちょうどいい。


■自己犠牲ヤロウ太一と自分探しオトメ伊織

繰り返し出てくる、「自己犠牲ヤロウ」。
スクリーンショット 2012-08-11 12.38.54


太一さん、なんでそういう風になっちゃったの?
「これだけだと現実味がないので、後々説明しますね」っていう匂いがきつい。
まあ、待ちますわ。


そして、今回明らかになった、キャラをつくり過ぎて、
自分が何をしたいのかすら分からない伊織。
伊織ちゃん、キャラつくり過ぎたせいにしてるけど……、
実はそれって普通なんですけどってみんな心の中で思ってます。
スクリーンショット 2012-08-11 12.37.04


いや〜、これはどうなんでしょう。
やっちゃっていいのかな。

本当の自分ってなんだろう、みたいなやつ。
最後は、そのままで君でいいんだ、なんてお寒いことになりませんように。




アニメ通販☆バンダイショップ
スポンサーサイト
  1. 2012/08/08(水) 12:39:54|
  2. ココロコネクト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『ココロコネクト』第五話の感想・批評・レビュー・考察 | ホーム | 『ココロコネクト』第三話の感想・批評・レビュー・考察>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aufnirwana.blog27.fc2.com/tb.php/61-0235fd00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。