半歩踏み込むアニメ批評!

なぜ、そのアニメは「面白い」のか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『おおきく振りかぶって』の感想・評価

視聴アニメ一覧

『おおきく振りかぶって』
http://p.tl/TeJQ
監督:水島努
原作:ひぐちアサ


oofuri.jpg
http://www.oofuri.com/


野球漫画原作のアニメ。
野球アニメでは、ワンナウツ以来。
人生が社会がどうだとか言わずに、とりあえず見てスカッとする。
誰にでも薦められる素晴らしい作品。

はじめの一歩もそうだが、気弱ないじめられっこが主人公。
物語の中心は、ピッチャー三橋とキャッチャー阿部、そして4番の田島、キャプテン花井ぐらいまでか。
原作が進んでいるところでつくったアニメだから、フォローできなかったのだろうが、
補欠の西広君らその他チームメイトの扱いがもっとよくてもいいように思うし、
百枝監督やら顧問の先生も気になる。


なぜ、面白いと感じたか、3点を挙げる。


■共感を生む力
主人公チーム西浦高校の面々がいいやつ過ぎる観もある。
だが、仲間のための自己犠牲というのは、わたしたちの大好物なのである。性懲りもなく涙する。
それを活用できる制作側に、そしてそういう環境で育ち、見事に反応してしまうわたしたちに乾杯。
こういうことは、視聴者側と会話をするように、丁寧に描かないと、感情に訴えかけられない。
はしょりすぎず、間延びせず、お見事。

■ワクワク感
硬式野球部結成とともにチームメンバーが成長してゆく様は、やはり、ワクワクする。
本作では、10人の特徴を活かしつつ、野球漫画にありがちな、
圧倒的な能力なんていうのも持たせず(三橋の制球力は非常に高いが、フォアボールも出す)
バランスが取れている。

■緊張感
また、アニメでは1年生チームなので、負ける余裕があり、
(残り話数を計算しなければ)勝敗も分からないので、緊張できる。
そして、なぜこの場面で抑えたり打ったりしなければならないのか、が語られるので、
意味をもったプレーとして見ることができる。


最後に、何についてもそうだが、
きちんと取材をしている作品は、やはり説得力が違う。
当然かもしれないので、上には数えなかったが、
あえて触れておきたい。


スポンサーサイト
  1. 2011/05/03(火) 22:10:13|
  2. アニメについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<『いちばんうしろの大魔王』の感想・評価 | ホーム | 『ファンタジックチルドレン』の感想・評価>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/06/08(月) 15:24:18 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aufnirwana.blog27.fc2.com/tb.php/2-de4a2d99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。