半歩踏み込むアニメ批評!

なぜ、そのアニメは「面白い」のか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の感想・批評・レビュー

視聴アニメ一覧

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』
http://p.tl/JfOz
原作:伏見つかさ
監督:神戸洋行
シリーズ構成:倉田英之
脚本:倉田英之、伏見つかさ


ライトノベル原作のアニメ化作品。
なお、アニメしか見ていないので、
ライトノベルを見ると「それ違くねw」というところはあるかもしれない。

秀逸なのは設定。
運動も勉強もでき、読者モデルになるほど容姿も優れた妹「桐乃」が、
実はアニメやエロゲーのオタクだった、という設定。
これだけで広がりが出るため、設定勝ちといいたい。


内容について。
設定だけ見ると、ヲタに媚びた内容かと思われ、
果たせるかなそういう側面も随所に見られる。
Steins;gateもそっち系だ。
アニヲタが商売の相手としておいしいと分かってから、
アニヲタを主人公に据える作品が大量生産されている。

話がそれたので元に戻して、
面白いのは、桐乃がコミケに行くエピソード。
桐乃は、モデル友達のあやせに
ヲタ仲間の黒猫や沙織と一緒にいるところを見られ、
どういう関係かを聞かれたとき、おお”知らない振り””他人の振り”をするのです。

なぜ、ヲタと友達であると思われたくないのか。
ヲタにとっての悩みは、
ここに凝縮されていると思っています。

あやせの台詞にもあるが一般的には、アニメやエロゲーなどというものは、
いかがわしいものと見られている。
いったい何を見てそういうのか分からないが低俗だと見られている。

思うに、最もまずいのは、幼稚だと思われていること、
(そして次にまずいのは、ロリであると思われていること)ではないか。


■幼稚さの現れ
もし、エロくても含蓄がありそうに見えさえすれば、
たとえば、バタイユのように称賛の的になることすらあり、
圧倒的多数から馬鹿にされることはなかろう。

たいていのアニメが語ることはとても含蓄の深さなど望めず、表面的である。
たしかに深みがあるように見せかけたいエヴァのような作品がときにでるものの、
成功したのはエヴァぐらいで、あとは一見して「ひとりよがり」というレッテルを貼られ終了。
「厨二病」という言葉が当を得て妙である。

あるいは、kanonアニメで売れ始めた「泣き」を露骨に意識したもの。
それって手のひらで踊らされてるし、何より世界を見渡せば配慮すべき悲劇がもっとある。

しかも、ローソンとコラボした「けいおん」や「まどマギ」のような目立つ作品は、
その絵柄から「萌え」を意図的に喚起しようとしたものと見られ、
結果、
エロい上に幼稚、かつ時にロリコンや変態性欲を刺激するもの、
というアニメに対するイメージが補強されてるように思われます。

これらの点から想起されるのが、
アニヲタは、(わたしは同意しないのですが)その年齢で達しているべき諸々の基準に対し、
未達成/不足である、ということ。

要は、痛烈にバカってことです。


■幼稚さの分類
そのバカさ加減はどこからくるのでしょうか。

根幹は、自分ではなく他人が用意した設定の中で、
異様に盛り上がってしまっているという創造力の欠如。

ヲタを隠そうとしているのにばれている場合は、
キモいと分かっていながらそれを行っている自堕落な性格、
付随して、それを他人に隠し通せない対人能力の低さ、
あるいは「何とかなるでしょ」と思ってしまった現実認識の甘さ。

ヲタを隠していない場合は、
周りにウザがられているのに気づけていないコミュニケーション能力の欠如、
ウザがられているのを知っていてヲタでい続けている場合、
自己中心的な性格か、その結果がどうなるかよく分かっていない現実認識の甘さ。

バカといっても、こういうキモい色合いのついたバカなのです。


■幼稚さの克服

桐乃のエピソードに戻ると、
桐乃はあやせに対し、「わたしはキモくないよ」と主張したんですね。

しかし、桐乃にとって、
それは全く問題解決になっていません。
桐乃は、あやのにアニメの良さを理解させなくてはならず、
本編でもそういう双方の歩み寄りがあります。

アニヲタを、たとえば映画ヲタぐらいの位置に持っていくためには、
アニメの作品の幅を広げなくてはならないのと、
感情だけを語ったり(たとえば、泣けるとか)、
動きだけを語ったり(たとえば、ヌルヌル動くとか)せずに、
良さを説明する言葉を持って理論武装せざるをえないと思います。

他の諸々の芸術分野と比較しつつ、
取り込めるところは取り込んでいけば、
この『おれいも』みたいな作品に対しても、「B級映画」と同じように、
「けっこうB級アニメとか好きなんだよね~」と言える日が来るのではないでしょうか。




スポンサーサイト
  1. 2011/11/23(水) 09:48:45|
  2. アニメについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『HELLSING』の感想・批評・レビュー | ホーム | 『ARIA: The ANIMATION/ The NATURAL/The OVA ARIETTE/ The ORIGINATION』の感想・批評・レビュー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aufnirwana.blog27.fc2.com/tb.php/17-f0736112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。