半歩踏み込むアニメ批評!

なぜ、そのアニメは「面白い」のか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『舞-乙HiME』の感想・批評・レビュー

視聴アニメ一覧

『舞-乙HiME』
http://p.tl/ZNjA
原作:矢立肇
監督:小原正和
シリーズ構成:吉野弘幸


ここまで、スターシステムを積極的に使った例がこれまであっただろうか。

「真白ちゃんが、真白ちゃんがー、ええ~、
でもこれはこれでありかも。。。」
「出たよ、楯。」
「ふみちゃん……!?」

私は、前作で素晴らしい最期を遂げたはるかちゃんが、
今回は、まことに好ましい役どころで出演させられていることに涙した。

もう、キャラクターが登場するだけで、泣けちゃう。


前回の駄作は、このためだけにあったのではないかとすら勘繰ってしまう。
だが、前作を通してみる少数の人間にしか、
アピールできないのだから、商売としてはそんなことあるわけない。

このスターシステムによってこそ、
あれだけの量の登場人物を動かすことができたのである。


人間が、思い出に抱く甘美な感覚を引き出した。
そこに気付いたのが出色。




スポンサーサイト
  1. 2011/10/27(木) 23:05:44|
  2. アニメについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『ARIA: The ANIMATION/ The NATURAL/The OVA ARIETTE/ The ORIGINATION』の感想・批評・レビュー | ホーム | 『舞-HiME』の感想・批評・レビュー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aufnirwana.blog27.fc2.com/tb.php/15-7136f868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。