半歩踏み込むアニメ批評!

なぜ、そのアニメは「面白い」のか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『機動警察パトレイバー』の感想・批評・レビュー・考察

視聴アニメ一覧

『機動警察パトレイバー』のテレビ版だけを見た。

そういえば、押井守がやってるんだったっけ、と思いながら。

まあ、売上やら評価を見ても、『攻殻機動隊』がすごい作品であることは間違いなくて、
いったいぜんたい、どうやって『攻殻機動隊』ができたのか、
それが分かれば、またすごい作品をつくれるのかもしれない。

じゃあ、押井守は、『攻殻機動隊』の前に何を作ってたの、というと『機動警察パトレイバー』なわけだ。

それで、パトレイバーを見てみましょう、ということになる。


この2013年に、1989年のパトレイバーを見ても、やっぱりそんなに面白くはない。
どうしたって古くささが鼻につく。

それは、キャラクターデザインだったり、台詞だったり、ストーリーそのものだったりするわけだ。

そもそもパトレイバーの何がおもしろいのか。

それはおそらく、世界観なんだと思う。ストーリーではなく。キャラクターでもなく。
これが古びてしまっているから、今ひとつなんだろう。
端的なのは、電話だ。固定電話。ユーザーインターフェイス全般が古い。


言い方が難しいのだが、パトレイバーを見ていると、
主役は、レイバーのある社会なんだろうな、という気がする。
だから、主役の魅力が、見る側の変化により、落ちていってしまうと、作品全体がかげる。

同じロボットものの『機動戦士ガンダム』の主役は、世界観じゃない。

結論めいたことを先に言っておくと、
パトレイバーは、こんな世界ってワクワクするでしょっていうおもしろがらせ方で、
ガンダムは、こんな物語ってワクワクするでしょっていうタイプ。

その他の要素は、これに従属させられている。

パトレイバーに対して、どうしてそんな風に思ったのか。
というと、ストーリー展開がまず挙げられる。

ストーリー展開
グリフォン編をのぞけば、ほとんど1話、1話が独立している。
前面に押し出されるメッセージなどはない。

各話の独立度合いは別にたいしたことではない。
重要なのは、各話でフォーカスされるのが、レイバー周りの社会システムだということである。


レイバーの周辺
レイバーなんてぶっとんだオーバーテクノロジーを現実につなぎとめる策が、周辺のシステムの整備。
・充実した整備班。
・警察の中の特科車両二課中隊。そして自衛隊。
・篠原重工やシャフトといったレイバーメーカー。
・レイバーの免許や保険。
・テロリストを中心としたレイバー犯罪。

その一方で、あんなロボットの動力がどうなっているのかとか、説明できないところは隠す。
電池で動いていることが語られるシーンがあるけども、
どんなすげえ電池なんだよっていうところは描かずに、さらっと流される。
要は、現実との連続を大切にしているのである。

それがガンダムだと、「これがあるから、ガンダム世界が成り立つ」という謎を提示してしまう。
ミノフスキー粒子とか、ニュータイプとか。

強い感情の忌避
強い感情は、まじめに扱わない。
いきなり、戦争かと思うようなドンパチがあっても、誰もたじろがない。
太田が銃を撃ちまくっても、ノアが命令違反を犯しても、雪像を壊しても、
テロリストが飛行機をハイジャックしても、キャッシュディスペンサーを強奪しても、
それにたいして、怒りや、悲しみは描かれない。
基本的に、ギャグで終わる。

遊馬とノアの淡い恋愛も、ちょっと進展するだけだ。
人間関係が大きく変わることはない。

ガンダムをはじめ、多くの作品が、
主人公の成長物語だったり、サクセス・ストーリー、あるいは世界を救うものだったりするのと比べると、
圧倒的に状況は変化しない。
まるで不感症かのごとく、世界のダメージに鈍感である。



こういった要素が合わさって、
パトレイバーの主役は、レイバーのある近未来社会の世界観だ、と思わせられる。
そして、これは『攻殻機動隊』にも受け継がれているように思う。

だから、「はあ?こんなのありえねえだろ」と感じてしまう人には、
パトレイバーも攻殻機動隊もまったくおもしろくないだろう。

メカおたくの押井守だからこそできたことであるが、
世界観にはまらせる、というのはSFブームも、もっといえばファンタジーであるドラクエやFFの流行もあって、
戦略としてありえた。

ここがパトレイバーのおもしろさのコアなんだろう。




スポンサーサイト
  1. 2013/04/30(火) 20:28:07|
  2. アニメについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。